Close

片倉シルク記念館

明日に繋ぎたい、絹が伝えるふるさとの歴史

片倉シルク記念館は、当社最後の製糸工場であった熊谷工場の繭倉庫を利用し、実際に工場で使われていた製糸機械や生糸ができるまでの過程、工場内での生活等を紹介しています。

当社は、明治6年長野県諏訪郡川岸村(現岡谷市)で10人繰りの座繰製糸から始まりました。蚕種の研究と繰糸機の改良に貢献し、朝鮮半島含め最大62カ所の製糸工場まで拡大し、良質な生糸を世界中の人々へ届けました。

昭和14年に、富岡製糸場を譲り受け、昭和62年まで操業しました。富岡製糸場の歴史的価値を認識し、操業停止後は、そこで培われた精神を熊谷工場へ引き継ぎ、建物については保全管理に努めました。

生糸需要の衰退により、平成6年当社最後の工場となった熊谷工場が閉鎖し、当社121年におよぶ製糸業の歴史を終えることとなりました。当施設は、日本の近代化を築きあげた製糸業の歴史やその役割、地域との関わりや先人たちが残した足跡を末永く保存し、後世に伝え続けます。

平成19年「近代化産業遺産」認定

実際に使われていた機械

実際に使われていた機械

メモリアルギャラリー

メモリアルギャラリー

当時の蔵出しの様子

当時の蔵出しの様子

館内のミニシアターでは「もうひとつのシルクロード」等(約15分)を放映しております。
展示とあわせてご覧ください。

ご利用案内

開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
入館料 無料
休館日 定休日:毎週月曜日及び火曜日(夏期・年末年始の休館有)
臨時休館日:2019年7月17日(水)・24日(水)
夏期休館日:2019年8月12日(月・祝)~17日(土)
臨時営業日:2019年7月22日(月・祝)
お問合せ先 048-522-4316

※団体及びバス利用でのご来館は、事前予約が必要です。お問い合わせ下さいますようお願い致します。

交通案内

所在地

〒360‐0815 埼玉県熊谷市本石2丁目135番地

電車でお越しの方

JR高崎線 熊谷駅から徒歩15分
秩父鉄道 上熊谷駅から徒歩7分

お車でお越しの方

関越自動車道 花園ICから車で約30分
東松山ICから車で約30分

会社情報