Close

中期経営計画

中期経営計画
「カタクラ2021」の策定について

カタクラグループは、このたび2017年度から2021年度の5カ年を計画期間とする中期経営計画「カタクラ2021」を策定いたしました。

1.経営理念

創業から143年の間に培われたカタクラグループの社風である「親和協力」のもと、ステークホルダーの皆様の満足を得ることに努め、社会と共に持続的な発展を目指すために、以下の経営理念を掲げております。

カタクラグループは、信義、誠実、親和協力を旨とし、命と健康を守り健全で豊かな社会の実現に貢献する。

2.経営ビジョン

カタクラグループは、「分散(多角化経営)と融合(シナジーの強化)」を追求し、それぞれの発想と、それぞれの技術、経験を持ち寄り、それぞれの市場の潮流を読むことで、下記のテーマに取り組んでまいります。

分散と融合を追求し、健康、安全・快適、環境との共生を実現する企業集団を目指し、新しい「成長の芽」を創り出す。

  1. 人々の健康な暮らしに貢献する事業を創り出す。
  2. 人々の安全で快適な暮らしに貢献する事業を創り出す。
  3. 環境に貢献する事業を創り出す。

3.中期経営計画「カタクラ2021」の概要

カタクラグループは、本計画において『愛される200年企業の礎ができていること』を到達目標といたします。

(1)基本戦略

成長事業への転換

  • 多様化する顧客ニーズに対応し、特定領域でのNo.1を目指す
  • 既存事業のビジネスモデルを見直し、成長事業へシフトすることで、収益基盤を強化する
  • 新興国市場の開拓を推進する

新規事業の創出

  • 多角化した事業のシナジーを効かせ、新規事業を創出する
  • 人々の潜在ニーズに応え、独創的な製品やサービスを提供することで、成長事業を創出する
  • 長期的な展望のもとでカタクラグループの新たな柱となる事業を創出する

(2)数値計画

① 売上高、営業利益(単位:百万円)

  2016年度実績 2021年度計画 増減
売上高   46,927 56,600 +9,672
繊維事業 9,635 11,500 +1,864
医薬品事業 15,065 15,200 +134
機械関連事業 9,412 13,000 +3,587
不動産事業 10,188 10,800 +611
その他
(うち新規事業)
2,626
(122)
6,100
(2,000)
+3,473
(+1,877)
営業利益   1,486 5,200 +3,713
繊維事業 △ 250 500 +750
医薬品事業 199 1,200 +1,000
機械関連事業 88 400 +311
不動産事業 3,176 4,000 +823
その他
(うち新規事業)
△ 511
(△ 484)
300
(100)
+811
(+584)
調整額 △ 1,216 △ 1,200 +16
営業利益率 3.2% 9.2% +6.0pt

② 設備投資額、減価償却費、研究開発費(単位:百万円)

  2012-2016年度実績 2017-2021年度計画
設備投資額 31,036 25,000
減価償却費 16,449 16,000
研究開発費 14,801 12,000

<新中期経営計画を支える事業基盤>

  1. 業績・財務が悪化状態またはその傾向にある事業については、2018年度中を目途に、不採算であるビジネスの縮小・撤退も視野に入れながら構造改革を完了させ、継続的な成長が見込めるビジネスモデルに転換する。
  2. 継続的に成長している事業については、事業領域を拡大させ、更なる成長を目指す。
  3. 「介護福祉・健康分野」、「アグリ・環境分野」、「防災・安全分野」、「高付加価値素材分野」、「さいたま新都心エリアでの新事業分野」をグループの重点戦略分野とする。該当分野では、各事業セグメントの経営資源を持ち寄り、他社との業務提携やM&Aを積極的に活用しながら、グループの新たな柱となる事業の創出を目指す。

(3)セグメント別戦略

各セグメントの中長期的目標を定め、その実現のための具体的な戦略として5カ年の事業戦略を展開してまいります。

① 繊維事業

<中長期目標>

  • 健康と美を追求する高付加価値インナーメーカーへの転換
  • 産業素材メーカーとしての地位を確立
  • 海外での販売拡大

<具体的な戦略>

  • 天然素材を基軸にした新NB商品の展開
  • 新たな高機能素材の開発と耐熱性繊維の用途開発
  • アジアを中心とした海外マーケットへの進出
  • 実用衣料分野の機能再構築による競争力の強化

② 医薬品事業

<中長期目標>

  • 循環器領域にその周辺領域を新たに加え、付加価値後発品を中心に展開することによる当該領域でのプレゼンス向上

<具体的な戦略>

  • 周辺領域である腎・透析領域等への参入
  • 後発品事業における自社開発のほか他社との提携の強化
  • ライセンス展開による新薬の研究開発効率化
  • 承継及びコ・プロモーション(販売提携)の強化

③ 機械関連事業

<中長期目標>

  • 消防自動車等の既存領域に加え、新たに防災事業を確立
  • ロボット技術・自動化技術を駆使した新製品開発
  • 海外での販売拡大

<具体的な戦略>

  • 消防自動車の性能向上と周辺分野の拡大ならびに艤装技術を基にした特装車両の開発
  • Vowcanシリーズの拡充と防災分野への参入
  • アジアを中心とした海外マーケットへの進出

④ 不動産事業

<中長期目標>

  • 社有地開発をベースに新規取得開発の推進による事業領域の拡大

<具体的な戦略>

  • さいたま新都心第三期開発への着手
  • さいたま新都心エリアにおけるまちづくり視点でのビジネスの拡充
  • 新規取得開発と既存施設の再構築

⑤ その他

<具体的な戦略>

  • ミツバチの自家増殖技術を活かした養蜂ビジネスの拡大
  • 植物工場による高付加価値野菜の開発・拡販と量産体制の構築
  • 介護サービスの業容拡大と介護福祉機器の開発・拡販
  • 美容分野の商品ラインナップの拡充と健康食品分野への参入

(4)コーポレート機能の強化

  • グループガバナンス機能の強化とグループ運営の効率化
  • グループ内の人材交流によるグループ成長に資する人材の育成強化
会社情報