シルクで冷えとり健康法

冬場だけではなく、1年を通して冷えに悩む方は多くいます。
冷えは万病のもとであり、運動不足・エアコン・冷たい飲食物などの生活環境の変化や自律神経の乱れからくる冷えは、肩こり・肌荒れ・不妊等の健康トラブルの原因になってしまいます。
毎日つらい冷えに悩んでいる方には、シルクが最適です。

肌にやさしく、暖かさをキープ

軽やかで暖かい
シルクを着た人がすぐに感じる、軽さと暖かさ。シルクは天然繊維のなかでも最も細く最も長い繊維であり、繊維と繊維の間に細かな空気の層が沢山あるので、化学繊維とくらべても自然な暖かさをキープし、冷えを防いでくれます。
さらに人の肌に近いアミノ酸で構成されるシルクは美肌効果も高いとされ、乾燥する季節にも肌をしっとり守ってくれます。

シルク・綿の吸放湿性

吸湿性・放湿性が高い
シルクは綿の約1.3倍の吸湿性と約1.5倍の放湿性で、暖かいのに不快な湿度をコントロールし、汗を吸収・放出してくれる理想の素材です。

毎日取り入れたい!冷えとりに最適なシルクアイテム

シルクを効果的に使用することで、しっかりと冷えを防ぐ事ができます。

足元はレッグウォーマーや靴下、タイツで冷え対策

足元の冷えには
足元の冷えに悩む方にはシルクの靴下やレッグウォーマー、タイツがおすすめ。
冷えを予防しながらシルクの美容効果で美脚も目指せます。
暮らしにシルクを取り入れて冷えを予防しましょう。

薄くて暖かいシルクインナーで着膨れせずにあったか

お腹や腰まわりの冷えには
慢性的な腰痛や生理痛のつらさには腹巻やショーツで暖かさをキープ。
お腹や腰まわりを暖めることで血行不良を改善し、女性の身体を冷えから守ってくれます。