歴史的な産業遺産「富岡製糸場」の設立秘話

世界遺産に登録された富岡製糸場は、日本の近代化への礎として明治政府が総力を結集して建設した日本初の工場であり、歴史的な産業施設です。文明開化のさなか、多くの人の想いがつまった富岡製糸場の歴史をご存知ですか。

文明開化の幕開けとともに発展した、製糸産業の近代化

ブリュナ(後列右から2人目)<岡谷蚕糸博物館蔵>

1859(安政6)年、横浜港が開港により、外国との貿易が始まります。当時の代表的な輸出品のひとつが、生糸でした。産業革命を終えたヨーロッパではシルクの機械織りが急成長し、生糸のニーズが増大していました。しかし、蚕の病気が大流行したため、生糸の生産が追いつかなくなり、日本からの輸入に頼らざるをえない状況だったのです。一方、日本では輸出が急増した結果、質の悪い粗悪品が大量に出回ることとなり、生糸の品質向上と大量生産が課題となります。

明治維新後、富国繁栄・殖産興業をめざした政府は、外貨獲得のため生糸の輸出を国策のひとつとし、製糸産業の育成をはかることを決めました。こうした中、近代化のモデルを示すため、官営の器械製糸工場を建設する計画がスタートしたのです。西洋の技術を取り入れるため、フランス人技師のポール・ブリュナを雇用し、建設計画が進められます。

世界最大規模の製糸工場! 富岡製糸場のスタート

錦絵(上州富岡製糸場之図)

工場建設地として選ばれたのが、群馬県にある富岡市です。富岡市は、広大な土地がある、養蚕が盛んで生糸の原料となる良質な繭が確保できる、きれいな水が豊富など、製糸工場に必要な条件を満たしていました。

建設工事は、ポール・ブリュナの計画書をもとに1871(明治4)年から始まり、1年4か月という短い工期を経て、翌年の1872(明治5)年7月に完成し、同年10月4日、蒸気エンジンを廻しながら汽笛一声勇ましく操業を開始しました。建設費は、当時の金額で24万4,940円。この建物実現には、伊藤博文、大隈重信、渋沢栄一、尾高惇忠などが中心的な役割を果たしていました。

工場の敷地面積は約5万7千m2、建築面積1万8千m2、延床面積2万4千m2、当時の製糸工場としては世界最大規模を誇っていました。歴史的な価値が高い瓦葺(かわらぶき)、木骨(もっこつ)レンガ造りで、日本とフランスの建築技術の粋を集めた、モダンな建造物です。今では工場のオートメーション化は当たり前ですが、木製器械しかなかった時代です。全長約140mある繰糸所(繭から生糸をつくる場所)に、金車(かなぐるま)と呼ばれた鉄製の繰糸器械が並び、いっせいに動く姿は壮観そのものだったことでしょう。

錦絵(富岡製糸場工女勉強之図)

そして、北は北海道から南は九州まで全国各地から400人もの工女たちが集まり、器械製糸がスタートしました。集まった工女たちは、旧藩主など格式高い家柄の出身者や著名人が多く、「近代日本の発展」を目指し、フランス人教師から熱心に学んだといいます。技術を習得した工女たちは「富岡乙女」と呼ばれ、出身地へ戻り、器械製糸の指導者として活躍しました。信州松代旧藩士の娘・和田英もそのひとりで、当時の様子を記した著作『富岡日記』は、女性の社会参加の貴重なドキュメントとして、今でも読み継がれています。

長い歴史の幕を閉じ、近代化の歴史を示す世界遺産に

器械製糸の普及と技術者育成という目的が果たされた1894(明治27)年、民間に払い下げされ、三井家、原合名会社を経た後、1939(昭和14)年、片倉製絲紡績(現・片倉工業)に合併されました。

富岡製糸場で生産された生糸は、世界中から「最高級品」と認められ、富岡製糸場は製糸業界のシンボルとして輝かしい軌跡を残してきました。しかし、生糸価格の低迷や、政府の減産政策による繭の不足、化学繊維の普及によるシルク需要の低迷、安価な輸入品の増加などにより、日本の製糸業は衰退していきます。

1987(昭和62)年3月5日、惜しまれながら富岡製糸場はその長い歴史の幕を閉じることになりました。創業以来115年、通算41,790日目のことでした。
工場閉所後も、歴史的・文化的価値を認識し大切に保管し、2005(平成17)年、片倉工業から富岡製糸場の建物等を富岡市に寄付いたしました。2006(平成18)年7月には主な建造物が重要文化財に指定されます。そして、2014(平成26)年6月には世界遺産に登録されました。

富岡製糸場は、日本の近代化の歴史を刻む貴重な史跡として、これからも多くの人たちに歴史の重みを伝えていくことでしょう。

撮影:吉田敬子