製糸工場を知ろう

生糸を大量生産するため、明治以降、さまざまな機械が開発されてきました。機械が導入され自動化されたことで、どのような変化があったのか振り返っていきましょう。

オートメーション化で大量生産が可能に!

天然素材である繭から美しい生糸を生み出すためには、たくさんの工程をひとつひとつ丁寧に行っていく必要があり、とても手間がかかります。そのため、大量生産ができるように機械が自動化されていきました。その中でも自動繰糸機は、片倉工業が世界に先駆けて開発・導入し、作業の効率化をはかってきました。

繭を選ぶ「選繭機(せんけんき)」

虫食いの繭、汚れた繭は生糸の品質低下の原因になるので、繭を選ぶ作業は慎重に行わなければなりません。工場では、毎日倉庫からその日に必要な量の繭を出し、選繭機のホッパーに入れてベルトコンベアを動かし、流れる繭に下から蛍光灯を照らし、熟練の職人たちが繭を選別します。

ベルトコンベアの導入により、良い繭、悪い繭を自動で次の工程へ運ぶことができるようになりました。また、蛍光灯の光で透かすことにより、つぶれたり内部が汚れた不良繭なども、見つけることができるようになったのです。

大正時代昭和20年代

繭をほぐしやすくする「煮繭機(しゃけんき)」

選別された繭は、慎重に温度を管理しながら蒸したり煮たりを繰り返すことで、接着効果を弱め、ほぐしやすい状態をつくります。繭がうまく煮えるか煮えないかでシルクの質の半分が決まってしまうというくらい、重要な工程であるため、機械が導入されるまでは熟練のボイラーマンがバルブ調整をしながら繊細な温度調整を行っていました。これらの管理が自動化されたことで、センサーで感知し簡単に温度調整できるようになりました。

大正時代昭和初期~10年代

繭糸を繰り一本の生糸を巻き取る「繰糸機(そうしき)」

数個の繭から糸を撚り、目的の長さ・太さの生糸に仕上げていきます。繰糸は生糸をつくるプロセスの中でもっとも大切な工程です。
座繰機(ざそうき)を使っていたころは、1人が作業できる条数は4条が一般的で非常に時間がかかっていました。機械の速度を速めると糸が切れたり品質が低下してしまうため、大量生産には限界があったのです。
※条数とは、細長いものを数える単位です。

座繰機
御法川直三郎氏と商標

1904(明治37)年、研究家の御法川直三郎は糸の品質を損なわないよう、低速で糸を巻き取りながらも1人で20条もの糸を繰ることができる「御法川式多条繰糸機」を開発。
これに着目した今井五介(のちに片倉2代目社長)は「御法川式多条繰糸機」を大正10年に大宮製糸所に導入し、高級生糸の生産に成功。
「片倉ミノリカワ・ローシルク」の名で世界絹業界の称賛を博しました。

K1型自動繰糸機

片倉工業は世界に先駆けて御法川式多条繰糸機を基に自動繰糸機を開発し、1933(昭和8)年には松本製糸所で本格的に導入(マル井式自動繰糸機)。
さらに1949(昭和24)年には、より性能を高めたK1型自動繰糸機を開発。
その後改良を重ね1951(昭和26)年にはK8型自動繰糸機を開発し、製糸業界の長年の夢であった全工程の工業化(自動化)を実現したのです。
K8型自動繰糸機では1人200条もの糸を繰くことができ、大量生産が可能になりました。

糸を安定した状態に戻す「揚返機(あげかえしき)」

繰糸機では繭から糸を高速に繰り上げていくため、生糸は無理にひっぱられて乾燥した切れやすい状態です。そのため、シルク本来の安定した状態に戻すため、温度・湿度に注意しつつ表面を湿らせながら巻き返していきます。
揚返しを行うために糸を湿らせる作業(小枠湿し)は、男性でなければ厳しい重労働でしたが、自動化された後は女性でも担えるようになりました。

昭和10年代昭和40年代後半

繰糸機+熟練職人で世界最高水準のシルクを生産

機械が導入されたことで工程の多くは自動化されましたが、品質のよい生糸をつくるためには、繭や糸の状態をチェックする高い技術が必要です。片倉工業ではさまざまな機械と、それを扱う熟練の職人により、世界最高水準の高級生糸をつくり続けてきたのです。