シルクの歴史シルク物語

シルクの歴史は古く、紀元前に中国ではじまったとされており、やがてシルクロード(絹の道)を通じて世界中に広がったといわれています。日本でも邪馬台国の時代から養蚕(ようさん)が存在していたと考えられています。江戸時代以降、重要な産業のひとつとなり輸出業を支えてきたシルクの歴史と片倉工業の軌跡をたどってみましょう。

シルク物語のはじまり中国からシルクロードを通じて

シルクのはじまり

シルクの利用がはじまったのは、5,000~6,000年前の中国からといわれています。野生の蚕(かいこ)の繭(まゆ)を集め、糸をつむぎだして絹織物を作ったのがはじまりと考えられています。その後、蚕を家の中で飼育し、効率的にシルクの生産ができるように改良が重ねられて、現在の家蚕(かさん)になったと推察されています。そして、4,700年以上も前の銭山漾(せんざんよう)遺跡(浙江省湖州市)からは、平織の古代絹が、漢代初期の馬王堆漢墓(まおうたいかんぼ)からは錦や綾、刺繍などの絹織物が出土されていることから、中国ではそれ以前のかなり古い時代から、精緻な高級絹織物がつくられていたことがわかります。

シルクロード(絹の道)

はじめ絹織物は中国の王侯・貴族の独占物として国外に出すことは禁止されていましたが、紀元前4~3世紀には中近東からヨーロッパ・北アフリカを結ぶ東西交易路を通じて地中海諸国に伝わったといわれ、やがてこの交易路が絹織物を中心に活発になり、中国の長安(現在の西安)からコンスタンチノーブル(現在のイスタンブール)を結ぶシルクロードと呼ばれるようになったのです。
3世紀ごろにはコンスタンチノーブルで中国の生糸を使った絹織物が生産されるようになり、さらに6世紀にはコーカサス・ペルシャからスペインに至る広い地域で養蚕(蚕を飼って繭を作る)・製糸(生糸を作る)も行われるようになりました。中近東からヨーロッパの各地で中国の染色技術をとりいれた絹織物の生産がはじまり、各地に独自のシルク産業が発展しました。
しかし、19世紀中期にヨーロッパで蚕の病気が大流行し壊滅状態に陥ったため、蚕糸業(養蚕・製糸業)の中心は再びアジアに戻りますが、イタリア、フランスではアジア諸国から生糸を輸入して絹織物の生産を続けました。

日本のシルクのはじまり

日本のシルクのはじまり

日本にいつシルクが伝わったのかは明らかではありませんが、シルクロードができるより前の弥生時代の遺跡から平織の絹織物が出土しており、その頃から養蚕が行われていたのではないかと考えられています。魏志倭人伝には、238年には邪馬台国の女王卑弥呼が中国の魏王に斑絹を贈り、その返礼として多数の高級絹織物が下賜されたと伝えられています。当時の古墳から出土された斑絹などが中国の織物とは糸使いが異なっていたことから、当時、すでに日本には独自の養蚕・製糸・染色技術が存在していたと推察されています。その後、大化の改新のころから増えた中国大陸や朝鮮半島からの渡来人によって、中国の蚕種や養蚕・製糸・染織などの先進的な技術が持ち込まれ、日本各地に広まり、各地で独自の発展を遂げ、多様な絹産地が形成されました。このように、西のシルクロードに対し、朝鮮半島を経て日本に伝わったルートを東のシルクロードと呼びます。

開国と日本近代製糸業日本における養蚕&製糸のスタート

1858

室町時代まで日本のシルクの品質は中国産にはるかに及ばず、大量に中国から生糸が輸入されていました。しかし江戸時代になると各地で品質改良が進められ、1858年江戸幕府が横浜・長崎・函館を開港し、欧米諸国と貿易をはじめると、日本の重要な輸出品のひとつになります。

1859

横浜開港により生糸輸出が増加し、翌年には国内で生産される生糸の半分以上が輸出されたといわれます。特に横浜は蚕糸の主要産地であった信州諏訪地方や上州前橋地方等から比較的近かったことから、横浜港からの生糸輸出は急速な発展をとげました。開港後わずか1年のうちに最も重要な輸出品となり、1862年には日本の輸出品の86%が生糸と蚕種になるまでに成長しました。

富岡製糸場のあゆみ官営製糸場による近代製糸業の発展

1872

養蚕と製糸産業が日本の重要な輸出産業となったことを受けて、日本政府は1872年に、当時の製糸工場としては世界最大規模の富岡製糸場の操業を開始します。

洋式製糸器械をヨーロッパから輸入し、日本の風土に適した器械を開発したことで、日本の製糸技術は著しい成長をとげました。また、フランス人指導者ポール・ブリュナを起用し、工場設計の構想、技術導入、品質管理、雇用などの助言を受けます。1日平均7時間45分労働/日曜週休制という工場制度を導入し、全国から工女を募集。工女たちは富岡製糸場で学んだ製糸技術を、地元に帰って伝えたことから「富岡乙女」と呼ばれ、近代製糸業の成立と発展に大きな役割を果たしました。

官営から民営へ片倉念願の「片倉×富岡製糸場」の実現

1893

器械製糸の普及と技術者育成という当初の目的が果たされたため、富岡製糸場は三井家に払い下げられました。
高品質生糸の大量生産、蚕種の統一などを行い、海外(特に米国)への輸出を拡大しました。

1902

三井家から原合名会社に譲渡。繭の増量や生糸の均一化を目的にした蚕種改良部を新設するなど、蚕種の改良に貢献しました。

1939

当時、日本最大の製糸会社であった片倉製絲紡績株式会社(現・片倉工業株式会社)に合併され、蚕種改良や技術革新がなされました。

片倉工業富岡工場の休止

1974年に生産はピークアウトを迎え、官営期の84倍の生産量を記録しました。けれども、その後、ナイロン、レーヨンなどの化学繊維の台頭により製糸業は衰退。1987年3月富岡工場は休止し、115年にわたる生糸生産の長い歴史に幕を閉じました。そして、2005年富岡市に譲渡されました。

片倉工業富岡工場 2005年富岡製糸場引渡し式
片倉工業富岡工場 2005年富岡製糸場引渡し式

片倉のシルクのはじまりから技術革新まで

1873年~

片倉工業の歴史は、明治初期にさかのぼります。
長野県諏訪郡川岸村(岡谷市)で、片倉市助は長男・兼太郎、二男・光治の協力を得て10人取の座繰製糸(ざぐりせいし)を開始しました。
座繰製糸とは、簡単な木製の器械を使って糸をつむぐ方法で、当時は農家の副業の道具として普及していました。
市助には、兼太郎(初代)、光治、五介(のち、今井家養子)、佐一(2代目兼太郎)という4人の息子がおり、いずれも製糸業に従事しています。

1878年~

1878年には、洋式器械を導入した垣外製糸場を開設。地元の製糸家との共同出荷によって品質を高め、1890年には松本製糸場、1894年には川岸製糸場を次々に開設しました。

1895年~

1895年には「片倉組」を設立し、東京京橋に東京支店を開店。
1901年には「片倉組購繭所」として大宮へも進出を果たし、1916年現在のさいたま新都心エリアに78,000坪の「大宮製糸場」(現・コクーンシティ)を開設しました。

1920年~

1920年には片倉組の事業を継承し、当時の日本では業界屈指の資本金5000万円で、片倉製絲紡績株式会社を設立。本社組織を東京の京橋に置き(現・東京スクエアガーデン)、製糸所18か所を運営します。初代社長には2代目片倉兼太郎(市助の四男・佐一)、副社長に今井五介(市助の三男)が就任しました。

蚕品種の改良、研究

輸出生糸の品質向上をはかるためには、繭の品質統一とその改良が課題となっていました。1893年、蚕の品種管理を行うため横浜と神戸で「生糸検査所」がスタート。1914年には、今井五介が「大日本一代交配蚕種普及団」を設立し、その後、片倉に合併。病気に強く品質が良い「一代交配蚕種」1200枚を農家に無償配布し、優良原料繭の生産に貢献しました。

片倉が行った革新的な技術開発

日露戦争当時(1904年)、今井五介は御法川直三郎により発明された多条操糸機に着目。御法川式多条繰糸機の完成実用化にむけて、積極的に協力を行います。1921年には、大宮・石原両製糸所に「多条繰糸機(KM式)を試験的に設置して研究。1933年には自動繰糸機を開発し松本製糸所に導入しました。御法川式繰糸機で生産され「片倉ミノリカワ・ローシルク」と名づけられた生糸は、高級生糸として世界中から称賛を受けました。

横浜出張所から海外へ進出

1921年横浜出張所を開設し、生糸の直輸出をスタート。創設当時わずか8名だった所員は数年で160名に及び、横浜港への生糸出荷量は全体の25%強を占め、輸出総量は年間7万俵余を数えました。
1923年9月関東大震災により横浜港の貿易が途絶えると、即座にニューヨークに社員を派遣。1924年ニューヨーク出張所を開設し、直輸出に乗り出します。
1934年リヨン代理店開設。「片倉ミノリカワ・ローシルク」は、すべて横浜出張所に送られ、片倉の手で輸出されました。

今井五介の社長就任と国際化の進展

1933年、会長に就任した2代目兼太郎に変わり、今井五介が74歳で社長に就任。これまでも、蚕種の製造・普及、御法川式繰糸機の開発、生糸取引の改革などに尽力してきた五介ですが、社長となるや先頭にたって、日本の養蚕&製糸産業の発展のため、いっそう献身的な努力をはらいました。
全国製糸業組合連合会、日本中央蚕系会、日本蚕系統制株式会社、日本蚕系科学研究所などでも中心人物となり、養蚕業の発展と課題処理に大きな功績を残しました。また、米国と積極的に交流するなど国際的に活躍し、「世界のシルク王」と呼ばれたのです。

Special Contents片倉 商標ギャラリー

生糸を出荷する際、高品質の証として製造元別に付けられた『商標』。工場ごとにオリジナリティあふれるデザインを使用していました。懐かしい雰囲気が漂う、各工場の商標イメージをご覧いただけます。
※地図は1937年当時のもの 「片倉製絲紡績株式会社二十年史」より抜粋

東北地方

  • 宮城県

    仙台製糸所 S星印

  • 福島県

    岩代製糸所 蚕神

  • 山形県

    両羽製糸所 日本地図

中部地方(長野)

  • 長野県

    尾澤製糸所 寶珠

  • 長野県

    尾澤製糸所 三星

  • 長野県

    川岸製糸所 金ダイヤ

  • 長野県

    下諏訪製糸所 鷹

  • 長野県

    飯田製糸所 飛行機

  • 長野県

    松本製糸所 KC印

  • 長野県

    須坂田中製糸所 舛上鳩

  • 長野県

    武井製糸所 富士山

中部地方(その他)

  • 新潟県

    片倉越後製糸所 越後獅子

  • 新潟県

    片倉共栄製糸所 萬両

  • 新潟県

    片倉共栄製糸所 竹雀

  • 岐阜県

    瑞浪製糸所 赤蜻蛉

  • 愛知県

    愛知製糸所 羽車

関東地方

  • 群馬県

    富岡製糸所 COURT DANCER

  • 埼玉県

    石原製糸所 蜻蛉

  • 埼玉県

    大宮製糸所 月桂樹トOK

  • 東京都

    八王子製糸所 金剛石

近畿地方

  • 兵庫県

    姫路製糸所 武士

  • 和歌山県

    紀南製糸所 鯉幟

  • 和歌山県

    紀南製糸所 みかん

中国地方

  • 岡山県

    岡山製糸所 竹馬

  • 鳥取県

    上井製糸所 大黒

  • 島根県

    片倉江津製糸所 二羽鶴

  • 広島県

    三原製糸所 弁天

四国地方

  • 高知県

    高知製糸所 矢車

  • 高知県

    長岡製糸所 面

九州地方

  • 大分県

    大分製糸所 獅子

  • 大分県

    大分製糸所 女神

  • 佐賀県

    鳥栖製糸所 TS印

  • 佐賀県

    小城製糸所 扇

  • 熊本県

    尾澤製糸所 一人娘

朝鮮

  • 朝鮮(現韓国)

    京城製糸所 京城_桐

  • 朝鮮(現韓国)

    全州製糸所 全州_御所車

  • 朝鮮(現韓国)

    大邱製糸所 大邱_朝鮮舞姫

  • 朝鮮

    成興製糸所 成興_燕

※商標をクリックすると
 拡大して表示されます。

テキスト

参考文献:シルク手引書 大日本蚕糸会
ニューカタクラの創造 片倉工業