シルクの魅力Fashion&Beauty

シルクと「衣料」やシルクと「美・健康」の意外なつながりや、シルク製品の取扱い方法などについてご紹介します。

  • Fashion
  • Beauty

フォーマルにもカジュアルにも。個性豊かなシルク

ひとことで「シルク」といっても、実はいろいろな種類があるのをご存知ですか?高級品のイメージがあるシルクですが、フォーマルだけではなく、いろいろなシーンで活躍しています。使う糸の種類、織り方、染色法、加工法などにより、さまざまな風合いのシルクが生まれます。シルク製衣類は大きく分けて「織物」と「編物(ニット)」があります。

サテンだけじゃない!シルク生地のいろいろ

シルク生地は、種類によって質感や光沢、手ざわりが違います。用途や加工のしやすさによって、使い分けられています。

サテン
ニット
シフォン
着物(生糸)
着物(紬糸)

織物

2本の糸(たて糸とよこ糸)を交差させながら織られた生地で、平織・斜文織(綾織)・朱子織(サテン織)の3種が、全ての織物組織の基礎となっています。

織物の組織(三原組織)

平織
たて糸とよこ糸を交互に上下させて織るベーシックな織物で摩擦に強い。
斜文織(綾織)
表面に斜めの線ができるように織る。しわになりにくい。
朱子織(サテン織)
たて糸もしくはよこ糸のみが浮きあがるように織られる。光沢があり、柔らかい。

織物の製造工程

先練織物(さきねりおりもの)
精錬(セリシンを取り除くこと)・染色した糸で織った織物で、無地織物のほか、数種の色糸を使うことで、大島紬や絣(かすり)のような織模様が生まれます。
後練織物(あとねりおりもの)
織った後に精練・染色をする織物。絹織物の多くは後練織物で、無地染め、手描き友禅、プリントなどして使われます。

編物(ニット)

糸でループをつくりながら、たて、よこに連結させて編んだ生地で、ニットまたはメリヤスとも言います。伸縮性に富み、柔らかいため下着(インナー)から上着(アウター)まで、さまざまな製品がつくられています。

編物の種類

たて編
織物と同じように多数のたて糸を配列し、連結させたものでループを作る糸がたて方向につながっています。編む機械によってトリコット生地・ラッセル生地・ミラニーズ生地があります。
よこ編
ループを作る糸がよこ方向につながっています。編目を増減しながら製品をつくることができ、セーター、カーディガンなど、比較的太い糸でゲージの粗いものに利用されることが多いです。

ポイントを覚えれば簡単!シルクのお手入れ方法

「シルクは魅力的だけど、お手入れが難しそう・・・」と思っていませんか?シルク製品によっては、自分で洗うことが可能な物もあるんです。
ポイントを覚えれば、自宅で洗濯ができて、簡単にお手入れも可能です。シルクのお手入れ方法を覚えておきましょう。

注意!
自宅で洗濯できるシルク製品は、プリーツ加工などの特殊加工がなされていないワンピースやブラウス、スカート、ワイシャツ、パジャマ、インナー(下着)、ニット製品などです。サテン系のものは水濡れによって品質を損なう恐れがあるので、自宅での洗濯は避けることをおすすめします。まずは洗濯絵表示を確認してください。

大切なポイント

タンパク質を多く含んでいるシルクを自宅で洗濯するときには、
中性洗剤で洗濯をするのが大切なポイントです!

洗う時のワンポイントアドバイス
30℃程度
30℃程度のぬるま湯で、軽く押すようにして汚れを振り落とし、生地を強く摩擦せず、強く絞らないように気をつけましょう。
コース
洗濯機を使用する場合は洗濯ネットを使用し、ドライコースを選択。脱水時間も、できるだけ短い方がよいでしょう。
陰干し
干すときは、日光に当たらないよう陰干しにしましょう。

シミ抜き・漂白をする場合

塩素系漂白剤(さらし粉・次亜塩素酸ナトリウム、亜鉛素酸ナトリウム)はシルクを痛めるので絶対に使用しないでください。アルカリ性洗剤を使用するとタンパク質が溶けて繊維のごわつきや傷みにつながります。エコ洗剤、重曹やセスキ炭酸ソーダなど弱アルカリ性の洗剤を使用する場合は、短時間にとどめましょう。

アイロンをかける場合

アイロンをかけるときには、必ず綿などのあて布をし、110~130℃の温度でかけましょう。スチームアイロンを使用する場合は蒸気の量を少なめにし、手早く仕上げることが大切。湿った状態で摩擦を加えると毛羽立つことがあるので注意してください。

Beauty

参考文献:シルク手引書 大日本蚕糸会

シルクは、なぜカラダにいいの?

シルクは約20種のアミノ酸が数百~数千も結合した純粋なタンパク質繊維。このアミノ酸は、お肌に近い成分で肌にやさしいと言われています。また、シルクは吸・放湿性、保温性にすぐれ、冷え対策にも効果的です。汗を吸収し放湿することで汗冷えを防ぎます。
フィブロインとセリシン

蚕(カイコ)から生まれる繭糸は、中央部の「フィブロイン」(約70~80%)と、その外側を包み込む「セリシン」(約20~30%)の2種類のタンパク質で構成されています。生糸を精練すると、フィブロインが抽出され、絹糸がつくられます。このとき取れたセリシンは、天然保湿因子に似たアミノ酸組成をもち、肌のうるおいを保持する効果が期待されており、クリームや美容液などに活用されています。

「生命の源」ともいわれるアミノ酸

アミノ酸は、新陳代謝や内臓の働きに深くかかわっており、私たちの生命を維持するためにもっと大切な栄養素です。
人の身体の約20%はタンパク質であり、そのタンパク質はアミノ酸で構成されています。
健やかで美しい肌や髪を保つためにもアミノ酸は必須なのです。

最近の研究で、セリシンのアミノ酸の成分が人の皮膚に近いことがわかり、保湿・美肌・美白・抗酸化性作用などへの効果が期待されています。
フィブロインには、抗酸化作用、抗菌作用、紫外線カット機能などがあることが知られており、化粧品、医薬品あるいは健康食品など、幅広い分野で活用されています。

ますます広がるシルクの可能性

コスメ分野

コスメ分野でシルクは人気急上昇中。優れた吸・保湿性や適度な保水性、紫外線カット機能などを活用した基礎化粧品はもちろん、ファンデーション、口紅、アイシャドウなどが製品化されています。また、毛髪に対する吸着性が優れているので、痛んだ髪に浸透し健康な地肌へ導くシャンプー、リンスなども人気があります。

医療分野

医療分野では、手術において扱いやすさから絹製の縫合糸が根強く使用されています。また、人の肌に近いシルクの特性や透過性の高さを活かして、人工皮膚やコンタクトレンズなどが開発されています。

食品分野

シルクタンパクは、血中コレステロール低下作用をもつグリシンやセリン、アルコール代謝を促進するアラニン、認知症の予防効果をもつといわれるチロシンなど、良質なアミノ酸を多く含みます。食品化する研究が進んでおり、シルクパウダーを混ぜたうどんやクッキー、豆腐などの食品や、シルクパウダーを水に溶かしたシルクウォーターなどが市販され、その効果が期待されています。

シルクパウダーのここがすごい!

繭糸のもつパワーを有効に活用するために、フィブロインとセリシンを微粉末にしたものがシルクパウダーです。

フィブロインパウダーは、繭・生糸・屑糸などから純粋なフィブロイン繊維を粉砕もしくは、分解してつくります。セリシンパウダーは繭・生糸・絹織物などを加工する際に使われる液体から不純物をとりのぞいて作成します。いずれも、その特性を活用して、食品や化粧品などさまざまな分野で使われています。

Fashion

参考文献:シルク手引書 大日本蚕糸会