ページ内移動用のメニューです。



前広便座「いい安座(e-anza)」をコクーンシティに設置しました。

 新規事業開発部 ヘルスビジネス部では、日本で約19万人ともいわれるオストメイト(大腸がん手術等により人工肛門や人口膀胱をもつ方)の方々が、パウチ処理しやすい様、前が広く開いた前広便座「いい安座(e-anza)」を、本年11/10(火)に新発売いたしました。 日本オストミー協会推奨品今までにない便座「いい安座(e-anza)」11月10日〔トイレの日〕発表〜座ってください。便座に座って、ゆとりある排泄ケア〜  
 11/26(木)より、コクーンシティ(埼玉県さいたま市)内の コクーン1・コクーン2・パークサイドビルの多目的トイレに設置しております。

■前広便座「いい安座(e-anza)」※日本オストミー協会推奨品

 この便座は、「広く開いた前部」と「幅広・奥行きのある座面」が特長で、座った状態でパウチ処理しやすい仕様となっており、オストメイトの方に便利な設計となっています。


詳細は、パンフレットをご覧ください⇒いい安座(e-anza)カタログ

■開発者からのメッセージ

  毎日使うトイレを生活の原点と捉えています。オストメイトの方はもちろん、障がいをもたれている方や、介護を受けている方々は、安心して使用できるトイレを求めていました。 快適な生活を送るためには、日々の排泄リズムが大切です。そのためには、ご家族と同じ便座に不安なく座れることが重要であると考え、私どもの研究開発により前が広くて便利な「いい安座(e-anza)」が誕生しました。

■今後の展開

 「いい安座」は、病院や介護施設でも対応できるよう、おしり等の温水洗浄機能、暖房便座機能を備えています。家庭ではもちろんのこと、病院や介護施設等で導尿や採尿で使用できる便座となります。詳細は、下記までお問い合わせください。
商品に関するお問い合わせ 新規事業開発部 ヘルスビジネス部
担当:武部・横山 Tel:0120-369-085